バイク処分おすすめ3選、あなたにピッタリの方法とは

バイク

バイクを処分する場合の方法はいくつかあり、そのバイクの状態によって選ぶべきやり方も変わってきます。ここでは処分したいバイクがどのようには廃車すべきかをお教えいたします。

スポンサーリンク

バイクの処分

処分方法は3つあります

  • 2輪リサイクルシステムを使う
  • 買取り業者への売却
  • 無料回収業者へ処分

処分と言っても、スクラップにする、中古車としての再利用で売却、商品価値は少ないが、中古バイクとしての再利用という3つの選択肢があり、ご自身のバイクがどれに当てはまるかによって選び方も違ってきます。

バイク処分の選び方

タイヤも取れてたり、エンジンが無かったり、放置状態が長くて土の中に埋まっているようなバイク。これはもうスクラップになるしかないでしょう。実働していたり、今は動かなくてもバッテリ上がりになってるだけのバイクや、中型以上のバイクであれば、手直しや修理をすれば中古車としての価値も出てくるので再利用が可能です。それであれば買取による売却というのも良いでしょう。型の古い原付や不動のスクーターのような場合は、スクラップにはならないにしても買取・売却というのいうのは少し難しいかもしれません。そういったバイクの場合は海外輸出を目的とした無料回収がおすすめです。

2輪リサイクルシステムで処分する場合

バイクというのは、修理を施せば再利用の出来るものです。しかし中には再利用が難しいものもあり、そういったバイクのために「2輪リサイクルシステム」は生まれました。適正処理・再資源化を目的に取組んでいます。

基本的にはスクラップ・再資源化するのが目的

この2輪リサイクルシステムというのは集めたバイクを全て分解し、素材単位で仕分け分別をして「再資源化」するのが目的です。金属・プラスチックなどへ分別し、それらをもう一度新たな物へ変えるためのリサイクルシステムです。ですから、再利用(リユース)を目的にしているわけではありませんから、実動車や市場価値のあるバイクをこのシステムで処理するというのは非常に勿体ないことになります。

費用はかかるのか?

  • 運搬費
  • リサイクル料金

リサイクル料金というのは、直接指定場所と呼ばれる場所へ廃棄したい人が持ち込みをすれば費用はかかりません。しかしバイクショップに運搬や手続き代行を依頼する場合は費用が発生します。実際にいくらかかるかは、そのバイクショップの運搬費や手続き代行費用が異なるので、それぞれ問合せする必要がありますが、相場的には数千円~2万円くらいはかかると思った方が良いでしょう。

日本国内で販売されたバイクのみ受付

このシステムを利用して処理する場合には、二輪車リサイクルシステムの参加事業者が日本国内で販売されたバイクでなければいけません。参加していない事業者のバイクや並行輸入の車両は受理されないということです。

依頼までの流れ

お住まいの近くの指定場所をまず探しましょう。

指定場所一覧 の中から持ち込み出来るところをさがします。

STEP
1

受付、リサイクル管理票

指定場所へ持ち込みをしたら引き取りの受付を済ませます。その時には廃棄する人の身分証明書(運転免許書・保健証)が必要になります。「リサイクル管理票」というものに記入します。

STEP
2

手続き完了

受理が済むと手続きが終了し、排出したバイクはメーカーによってスクラップにされていきます。

STEP
3

バイクショップに依頼する場合は上記の流れを代行してくれます。そしてお住まいまでバイクを引き取りに来てくれます。

2輪リサイクルシステムのデメリット

  • 自分で運ばなければいけない
  • 手間がそれなりにかかる
  • 大切にしていたバイクがスクラップになってしまう

買取り業者へ売却

存在価値のあるバイクは中古車としての売却がおすすめです。特に排気量の大きいバイクほど高い評価になり、売れることは間違いないでしょう。車種に人気・相場によって買取価格は変動するものです。現役で動く実動車なら売却が良いです。

中古車として価値のあるバイク、パーツ取り車

高く売れるバイクには法則があります。それを知ってお得に売却が出来るのでおさえておきましょう。

  • 人気車種
  • 排気量の大きいバイク
  • 絶版車・2ストローク車

人気のある車種というのは、仕入れればすぐに売れるので買取業者としては欲しいものです。そして排気量の大きなバイク、例えばハーレーダヴィッドソンのようなバイクは買取の評価は高いです。CBR1000RRーRのようなレーサーレプリカで、新車価格が高額なバイクが中古車として売りに出ればそれは買取業者としても欲しいバイクです。まず250cc以上のバイクで実動車なら査定はしてもらえるはずです。

そしてすでに販売されていないような「絶版車」これはマニアにとっては堪らない存在なので、状態の良い物であれば高額になる可能性が大です。2ストロークエンジンのホンダNSRやヤマハのTZRやスズキのガンマなんかも状態が良い物は最近は高値で販売されているケースが多いので、バッテリ上がりくらいの不動であっても高い評価になることでしょう。

こういったバイクは絶対に売却がおすすめです。古いからと言っても絶対スクラップはダメです。文化遺産として保存してくださいw

事故車の買取

事故車であっても買取してもらえるケースはあります。とはいえ、買取金額はあまり期待できませんが…. それでもスクラップでお金がかかるより良いと思います。どんな車種かというと、パーツとしての価値があるバイク。例えばもう新品の部品がメーカーから出なかったり、新品の部品価格が異常に高いパーツをつけているなどです。あとはカスタムパーツをつけていたりする場合も値段がつくかもしれません。買取したショップは全部バラバラにしてヤフオクやメルカリなどにストア出品してたりします。

買取りまでの流れ

査定の依頼

買取業者が訪問に来ます。そして査定額の算出

STEP
1

買取

買取金額に納得いけば売却となるのですが、買取業者によってその場で現金払いや後日入金とやり方に違いがあります。

STEP
2

バイク引き取り

買取が成立したら、ショップのスタッフがバイク積んで引き取り完了です。

STEP
3

廃車手続き

まだナンバーがついているバイクでも廃車の手続きは「委任状」にサインをすれば代行してくれます。126cc以上のバイクの場合は市町村単位の役所では手続きは出来ず、書類を持って運輸局に行かなければいけません。自分で廃車手続きが面倒な場合にはバイクショップに売却と同時にお願いするのが手間が少なくなります。

デメリット

  • 買取出来ないバイクを引き取りする時には手数料がかかる場合がある
  • 査定対象外のバイクは引取りをしてくれない場合がある

中古車としての価値のあるバイクであれば査定にも来てくれますが、排気量の小さな原付バイク、ましてや不動車であったりすると買取査定には来てくれない場合もあります。来てくれたとしても引き取りが有料になる場合があります。

参考

バイク買取で有名なショップ

バイク王

バイクボーイ

バイク査定ドットコム

無料回収業者のバイク処分

原付バイク

主に原付バイク・ビッグスクーター・メットインスクーターが回収の対象。海外輸出を目的にしているので、多少状態の悪いバイクでも無料回収している。ただし、メーカー・車種などによって無料回収出来るかが決まる

買取りが出来なかったバイクでも回収可能

無料回収が前提なので、買取が目的ではありません。引き取りしたバイクは海外向けの輸出業者に売られていきます。

  • 型式の古いバイク
  • 不動車
  • 日本車のスクーター(韓国製や台湾製はNG)

柔軟に対応してくれるケースが多い。大半のバイクは不動車で、バッテリ上がりでセルが回らないものがほとんど。所有者が処分する理由の一つとしては「動かなくなったから」ということが挙げられる。そして修理をしないまま時間が過ぎて要らなくなるというパターン。

その他に不動になるパターンとしては燃料噴射の目詰まり、いわゆるインジェクションなのだか、ここに異物が詰まってエンジンが吹けなくなったり、エアの量の調整が悪くなってエンジンが吹けなくなったりと原因は様々。たまにブレーキのディスクが固着してしまってタイヤが回らなくなるというケースもある。こんな状態であっても外装のパーツが揃っていて事故車じゃなければ回収業者は無料で引き取りが出来る。一部のサイトでは「故障しているバイクはは引き取り出来ない」と書いているところもあるが全くそんなことは無く、当社ではそういったバイクでも無料で回収している実績は多くあります。

繰り返し言うようだが、無料回収の条件としては「バイクのメーカーと型式」これが一番重要です。そして事故をして大破してなければ特に問題ないんです。エンジンがかかるかからないということは大した問題ではなく、キックを踏んだ時の圧縮を感じることが出来るかどうか。キックを踏んでクランキングしてる音があればOK。もしここでキックが下りなければエンジン内部に何らかの破損等が起きていて、エンジンをばらして修理をしなければいけない。(最近の原付は4ストロークになってエンジンオイルの管理が悪くなった。それによってエンジン焼き付きの可能性も多い)こうなってしまうとそこまでの手間をかけて売ってでは儲けが出ないので、輸出のバイク買取業者も買わないんです。そうなると集めてる業者もこういうバイクは無料で引き取りしないということになるんです。(こういったところが無料と有料の境界線になる) よく「無料の回収業者怪しい」なんて話が出ますが、こうやって裏事情が分かると安心しますよね。無料で回収しても問題なく流通しているんです。

廃車手続きの対応

バイクの車種など条件が合えば、回収費用と廃車費用が完全無料というのが大きな特徴です。ナンバーの廃車手続きまでやってくれるので手間がかかりません。実家から持ってきたような他県ナンバーでも郵送で廃車処理は出来るので安心です。

依頼までの流れ

簡単なステップで無料回収が出来ます。

依頼の申し込みをする

原付バイクのメーカー・型式・車種や状態などを伝え、引き取りの依頼をする

STEP
1

引き取り

回収業者が訪問をしてバイクを積み込みまで行います。

STEP
2

完了

作業が終わり、ナンバー廃車手続きを希望する場合には必要書類に記入と捺印を済ませます。その後に役所で処理が行われます。

STEP
3

バイクを自分で廃車したい場合は、市役所・区役所で廃車手続きすることもできます。

【バイク処分関連情報】

バイク処分
バイク
バイク処分おすすめ3選、あなたにピッタリの方法とは
バイク処分
バイクスクラップ
動かないバイクの処分方法
バイク処分
原付バイク
横浜市でバイクの廃車処分と申請のやり方お教えいたします
バイク処分
原付バイク
川崎市でバイクの廃車処分と申請のやり方をお教えいたします
バイク処分
川崎市軽自動車税廃車申告書兼標識返納書
横浜・川崎でバイクの廃車手続き

まとめ

いかがだったでしょうか?バイクの廃車処分もどんなバイクかによっても、その方法が違うことが分かったと思います。スクラップにするのか、売却するのか、それとも無料回収に出すべきかの判断にお役立てください。

原川崎・横浜・東京で原付バイクの処分で無料回収ならコーモド

不動の原付バイクを無料回収いたします。回収作業から廃車手続きまですべて一貫して行います。ご依頼から即日対応も可能です。

原付バイク廃車処分のお問い合わせ

ご依頼のご質問などお気軽にお問い合わせください

廃車代行のお手伝い

この記事を書いてる人

この記事を書いているのは株式会社コーモドのスタッフ。2007年の創業から10数年以上のキャリアで、古物販売に関しての専門家。現場作業も行いながらウェブライティングの2足のわらじで当ホームページのコンテンツを作成と管理を行っている。好きなものは古いイタリア車。