ぬいぐるみ・人形の不用品回収

ぬいぐるみ処分

ぬいぐるみを不用品回収業者に依頼することもできますが、一辺の長さが30~50センチ未満の場合であれば「燃えるゴミ」として処理も出来ますが、30~50センチを超える場合は粗大ごみ収集に出すことができます。その他には人気で希少なぬいぐるみ(フィギュア)であれば中古としての買取も可能であったりします。不用品回収業者に依頼をする場合にはいくらくらいの費用がかかるのかを比較してご紹介していきます。

ぬいぐるみをゴミとして処理したくない場合の「お焚き上げ」についてもお教えいたします。。

ぬいぐるみや人形の処分

動物などの特定のキャラクターをモチーフに中に綿を詰めて縫い合わせて出来上がるのが「ぬいぐるみ」ですが、かわいらしさから数多く集める人もいるでしょう。それらを処分する時にはどうすれば良いのか?いくつかの処分方法があります。まずサイズによって燃えるゴミか粗大ゴミで処分するのかの違いがあります。そのサイズは自治体によっても基準が異なり、川崎市や横浜市の場合は50センチ未満は燃えるゴミ・普通ごみの扱いとなります。しかし東京都目黒区など都内では30センチを超えるものが粗大ゴミの扱いとなるので、それぞれの地域の粗大ゴミセンターへの確認をおすすめします。

それ以外の方法としてはあまり汚れが無ければリサイクルショップに持ち込みをするとか、手間をかけずに簡単に処分したい場合には不用品回収業者に持っていってもらう方法があります。

ぬいぐるみや人形の処分は行政に依頼をするのがお得

ぬいぐるみの長さ30~50センチを超えないものは燃えるゴミとして扱われるので費用はかかりません。無料です。しかし30~50センチを超える場合は粗大ごみとして処理されて申し込み制による有料での収集です。申し込みは粗大ごみセンターへ電話、もしくはインターネットから可能です。

処分の費用

粗大ゴミの扱いになるサイズのぬいぐるみの処分費用を地域別で比較してみました。

地域手数料
川崎市 50センチ以上200円
横浜市 50センチ以上200円
東京都大田区 30センチ以上300円
東京都世田谷区 30センチ以上300円
東京都目黒区 30センチ以上300円
ぬいぐるみの粗大ごみ収集手数料

神奈川県の方が東京都より若干ですが安い結果となりました。

処分までの流れ

粗大ごみの収集は申し込み制です。受付を済ませた後にはっきりと金額が分かった後で粗大ごみシールを買うようにしましょう。(払いも戻しはありません)

粗大ごみセンターへ申し込み

電話かインターネットで受付をします。手数料・収集日を教えてもらえます。受付番号が分かるので控えておきましょう。

STEP
1

粗大ごみ処理券の購入

受付時に聞いた手数料分の粗大ごみ処理券をコンビニや郵便局で購入します。

STEP
2

収集

粗大ごみ処理券に「受付番号」「氏名」「収集日」を記載して職員が見える位置に貼ります。

STEP
3

収集日、終了

朝の8時までに指定の場所に出します。立ち合いなどは必要ありません。

STEP
4

プロセスはいたって簡単です。特に難しいことはありません。

デメリットはあるのか?

持ち運びには困らないのですが、粗大ゴミで出す場合には収集日が月に1度であったりするので、タイミングを合わせづらいことがあります。そして収集日の朝に出さなければいけないので、時間帯的に都合が合わない場合にも困る場合があります。

あとはぬいぐるみの場合は可愛らしいキャラクターなので、ゴミとして出しても「持ち去り」ということもあり得ます。自分が粗大ゴミとして出したものを知らない誰かに持ち去られるのは少し気持ちが悪いですよね。

普通ごみで出せるの?

サイズによっては燃えるゴミとして出すことが可能です。自治体で確認をしましょう。

リサイクルショップで売れるのか?

ぬいぐるみや人形で中古で売れるものというのは「人気キャラクター」「限定品」「希少品」というのがポイントになります。数多く販売されていてどこでも手に入るような汎用モデルの場合は中古品として販売するのは不向き。ですが、海外など寄付として送るなどで再利用の価値は十分あります。

キャラクターや希少性によって買取が出来る

ディズニーやテディベアのように人気のキャラクーで、さらに販売した数が少ない限定品や古い物で数が残っていないようなものはコレクター心をくすぐり売れやすいのです。そういったアイテムであれば中古としての価値は十分あります。こういったものは捨てずに買取に出してみましょう。価値が分からない場合もまずは捨てないということです。

全てのお店で買取はしていない

どんなリサイクルショップでもぬいぐるみや人形を買取するわけではありません。総合リサイクルショップのような幅広いジャンルを取り扱いしているお店が良いです。

ぬいぐるみを寄付に出す

処分するのもかわいそう。捨てるに捨てれない場合がよくあります。そんな時には「寄付」に出すというのも方法の一つです。NPO法人などがぬいぐるみの寄付を募っていたりします。集められたぬいぐるみは、児童施設へ送られたり、または海外へ送られたりしています。「誰かに使ってもらいたい」という気持ちがある場合には、このような寄付を利用するのも良いでしょう。セカンドライフ

宅配を使って送る

ぬいぐるみを寄付に出したいと思っても持ち運びすることが出来ないと困る場合もあります。そんな時には宅配を使って送るのが良いでしょう。段ボールに箱詰めをして送るだけです。送料は負担することになりますが、恵まれない子たちに届けてあげるということで社会貢献できるのは素晴らしいことです。宅配を利用すれば日本全国どこにいても送ることが可能なので便利です。一つの例ですが、愛知県で宅配受付を行っている会社がありました。エコトレーディング

宅配で送るにしてもなるべく近いところの方が送料が安く済みますので、ぬいぐるみの無料引き取りを行っている会社を検索してみましょう。

ぬいぐるみや人形のお焚き上げ

ぬいぐるみや人形をゴミとして処分したくないという人もいます。ではそういった時にはどのように処分をすれば良いのか。それは「お焚き上げ」と呼ばれる供養をするのが良いでしょう。お正月に神社で絵馬やお札を返納しますが、あれもお焚き上げとして供養されます。同じようにぬいぐるみや人形も出来ます。しかしその場合には、ぬいぐるみや人形をお焚き上げしてくれる神社に依頼をしなければいけません。

最近は段ボールに箱詰めして宅配で送り受け付けてくれるところもあるので、近くにお焚き上げをしてくれる神社が無い場合には便利です。みんなのお焚き上げ

不用品回収業者のぬいぐるみや人形の引取り

不用品回収サービス

不用品回収業者に依頼をする一番のメリットは部屋からの「運び出し」をしてもらえるということです。しかし作業費や処分費や交通費といった費用がかかるので、依頼をする場合には費用対効果を考えると良いでしょう。つまりお金を支払ってでも運び出す価値があるか無いかということです。ぬいぐるみや人形というのは重量があるわけでもありませんし、持ち運びに困ることもありませんので、緊急性が高い場合や、一度に捨てきれないくらいの数のぬいぐるみや人形があるという時に利用されるのが良いでしょう。

引き取りの費用

不用品回収業者に引き取りの依頼をする場合には「作業費」「交通費」がかかってしまいます 。お部屋からの運び出しには1名~2名必要な場合もありますから人件費が必要です。そして粗大ごみとは違って集団収集ではありませんから、スポットで回収に行くことによる交通費がかかります。作業費・交通費を含めると1回収あたり4000円は費用としてかかってしまいます。会社によっては料金設定が大きく異なるので、事前に見積もりをすることをおすすめいたします。

運び出しの心配はない

不用品回収業者に依頼をする場合にはお部屋から運び出しをする必要はありません。マンションの高層階で運び出しが手間な場合でもお部屋にいたまま引き取り出来るのがメリットです。

不用品処分

小型家電扇風機掃除機電子レンジオーディオ
テレビ冷蔵庫洗濯機エアコン衣類乾燥機
パソコン空気清浄機ファックスコピー機・プリンターエアロバイク
大型家具ベッドタンス食器棚サイドボード
机・デスクソファーテーブルガスコンロ椅子・オフィスチェア
自転車キャンプ道具衣類古紙布団
オフィス用品什器キャビネット機密書類蛍光管
金庫消火器砂利石仏壇小物金属
スプレー缶タイヤバッテリーバイク
ピアノ灯油乾電池ペンキ段ボール
不用品処分廃棄方法

横浜・川崎・東京でぬいぐるみの回収

1点からでも回収にお伺いいたします。

対応エリア

東京都:板橋区・ 大田区品川区杉並区世田谷区文京区目黒区狛江市・稲城市

川崎市:川崎区・幸区中原区宮前区高津区多摩区麻生区

横浜市:鶴見区神奈川区・金沢区・西区中区南区港北区・港南区・保土ケ谷区・旭区・緑区・青葉区都筑区戸塚区・泉区

記載の無い地域でも対応できる場合があります。お問い合わせください。

ぬいぐるみの不用品回収のご依頼はこちらから

ご依頼及び費用のご質問などお気軽にお問い合わせください

片付け代行で暮らしのお手伝い

この記事を書いてる人

この記事を書いているのは株式会社コーモドのスタッフ。2007年の創業から10数年以上のキャリアで、古物販売・リサイクル業の専門家。実際に現場作業も行いながら、リアルなリサイクル事情をお伝えする記事の執筆の2足のわらじで当ホームページのコンテンツを作成と管理を行っている。好きなものは古いイタリア車。