一括見積もりサイトの価格は本当に安いの?その仕組みを検証してみます

見積もり比較

最近は多くのジャンルで見かける「一括見積り」のサイトですが、複数社からの見積もりの回答が得られて一番安い価格で依頼が出来るというのが最大のメリットかと思います。しかしこの価格は本当に安いのでしょうか?その価格の仕組みについて検証していきたいと思います。

スポンサーリンク

一括見積サイトの仕組み

今もなお増え続ける一括見積りのサイトですが、一度は利用されたことがあるでしょうか?よく見かけるものとしてはこのようなものが挙げられます。

ジャンル

  • 保険
  • 引っ越し
  • 葬儀
  • 外壁塗装
  • 不用品回収
  • 遺品整理
  • 買取

保険であれば、今現在の状況と照らし合わせて保険料がいくらくらい節約できるのか?のタイプであったり、単純に依頼をしたい内容を入力すると企業から回答があり、金額がいくらになるのかを比較できるタイプなど様々です。ネットで簡単に入力出来て手軽に比較できることが好評です。

不用品のジャンルでも「回収」や「買取」などで数多くの一括サイトが出てきています。

メリットは何か

処分の場合は購入とは違って何かを得られるという対価が分かりづらいです。引き取りしてもらうのにお金を支払うだけなので、消費者は安ければ良いと金額にだけ目が向いてしまうので、複数社から一度に回答がもらえれば「比較が出来る」というのが最大のメリットと言えます。何社にも連絡をして、その度に同じことを説明しなければいけないのが手間で、出来ることなら一度に済ませれたら良いと思いますよね。わざわざ時間をかけたくない人にとっては確かに一括見積もりを依頼すれば手軽で便利です。上手く利用すれば手頃な費用になりますから、お得になる可能性も非常に高いわけです。

ヒカカク

ヒカカク

売りたい物を買取に出したい時に価格を比較することは面倒だと思ってる人、

お持ちの物の価値を知りたい人、

かんたんに一括査定、相場を知ることができるサービスです。

一括見積の金額は安いのか?

比較サイトからもらえる一括見積もりの金額の中で比較をすれば確かに一番安い金額が一目で分かるでしょうが、果たしてその見積もり価格が一括サイト外の業者と比べた場合に安い価格なのか。そういう疑問を持ったことはないでしょうか?

絶対に安いとは限らない

上代(価格)というのは様々な中間業者が入るほど高くなります。何か品物を買う時にでもいくつもの卸業者が中に入ると高くなりますよね?それと同じで、会社を紹介する広告会社が中間に入るだけでも価格差は生まれます。数が増えるほど安くはならなくなります。

登録している会社だけでの比較になる

一括サイトの場合、比較をするのはそのサイトに登録をしている会社同士での比較です。外部の会社を比較して見積もりを出しているわけではありません。サイトに登録している業者同士の競争ということになります。保険のようなジャンルなら、価格よりもサービス内容が重視されることも多いですし、保険という商材からどんな会社でも参入してはこれませんから、主に決まったよく聞く有名な会社同士の比較になりますね。

しかし買取であったり回収、塗装や葬儀などのその他のジャンルは新規参入もあり、集客のために一括サイトに登録しているケースも少なくはありません。

手数料が乗せられた価格

業者は一括サイトに登録することで、相談の案件は増えます。しかし紹介をされることで「手数料」を支払わなければいけません。一括サイトの形式にもよりますが、1情報料として支払う場合と、案件が成約した場合に手数料を支払うなど各社やり方は異なります。

成約型の場合で、通常取引額の20%~30%を取ります。業者はその価格分を乗せた見積もりをしないと採算が取れなくなってしまうわけです。人件費・作業費+経費+手数料ということになります。成り立ち方から見て例えると、ゼネコンが下請け業者に依頼をするのと似ていますね。1次業者が窓口になる一括見積りサイトで、2次受けが登録会社ということです。

金額が大きな案件ほど、手数料分の金額も増えます。例えば20万円の案件であれば(20%~30%で計算した場合)手数料は4万~6万円になってしまいます。作業を行う業者はこの手数料を支払うことで相談依頼がもらえる仕組みなんです。

見積もり金額が変わる場合

一括見積もりの相談の時にした内容から、当日になって追加の依頼をしたい場合には「追加費用」となるのは一般的です。初期の見積もりは依頼獲得のために最安値で請け負っても、追加に関しては少しでも何か依頼をすれば加算されてしまうことは多いです。飛行機のLCCなんかでもそうですよね。チケット代は安いですが、中での飲み物のサービスは一切なし。全て有料のサービスだけです。これと同じような感じですね。

過去にあった悪徳な一括サイト

自社で一括見積りサイトを制作し、複数社からの見積もり回答を送っているように見せかけて、実際は1社だけだったということがありました。裏で金額を操作して、安い演出をしていたわけです。CMでも宣伝をしていた会社だったので、ユーザーはすっかり信頼していたようですが、有名な会社でもこのようなことを起こしていたりします。

現在はそのサイトは閉鎖されてはいますが、知られていないところで同じようなことが繰り返されているかもしれません。

もっと比較をしてさらにお得にするために

単純に見積もりをいくつも出すのは面倒だと言うならば、一括見積もりサイトへの依頼だけで良いと思います。しかしもっと安く依頼をしたいと言うなら、さらに違った見方をしなければいけません。一括サイト内だけで見つけるのではなく、一括サイト内で比較した最安値業者とサイト外で見つけた業者を比較してみる。こうすることで相場もより見えて本当に良い業者に出会えます。

直営のサイトとその価格

サイトの名前と会社の名前が同じのところも多くあります。それとは別で、法人名とサイト名(お店の名前のような感じ)で使い分けているケースもあります。直営サイトに依頼をすることの大きなメリットとしては、中間マージンがカット出来るということです。先にもご紹介したように、一括見積もりサイトに登録している業者は手数料を支払わなければいけません。しかし直営サイトの場合はその手数料を支払うことが無いので、「値引き交渉」にも柔軟に対応しやすいというメリットがあります。「何か悪いことをしてるんじゃないの?」というのではなく、余分に払う費用が無いから価格を引き下げ出来るのが理由です。

見つけ方

会社概要でサイトの運営者を確認する。サイトと事業内容が合致すれば直営による運営ですが、もし広告を専門としていればPR会社となります。運営元がはっきりしない会社は事業自体も不鮮明なので、そういったところにはまず見積もり依頼自体をしないことをお勧めします。

サイトの検索方法

グーグルやヤフーの検索で見つけることが出来ますが、その時に注意をしたいのが「広告」です。表示には2種類あって「広告」と「自然検索」があります。広告の場合はPRと表示されてまして、上位4つくらいがそうです。これらはお金を支払うことでより多く見てもらおうとしています。

その下に出てくるのが自然検索になります。検索エンジンが優秀だと思うコンテンツを評価して順位別に並べられたものです。どちらが良いとか悪いということでは無いのですが、広告にはお金がかかりますから、広告費用にいっぱいお金をかけて集客しているところであれば「経費」がかかります。その経費分も見積もりに計上されてしまうのが当然かもしれません、なので、広告で見つけた業者と自然検索で見つけた業者で比較してみるのも良いでしょう。思わぬ価格差があるかもしれません。

東京・川崎・横浜の地域で不用品の回収とリサイクル買取の対応している会社

不用品回収とリサイクル買取ならコーモド

不用品回収コーモド

川崎市内を中心に、横浜・東京でのサービスを展開中。処分に困るような大型家具の運び出しもプロの作業で楽々。引っ越し時や住宅の売却時といった家財道具の大量引き取りも可能。依頼は直接依頼をすることで中間マージンを大幅にカット出来るのが大きなメリット。

リサイクル買取も行っているので、家電製品や骨董品・古道具など幅広いジャンルに対応しているもの魅力。

不用品回収サービス

まとめ

一括見積もりのサイトは一度に価格を比較できるのが大きなメリットではありますが、仕組み的に登録している業者だけの比較となります。サイト外とくらべた場合に絶対安いとは言えません。手間をかけてでも本当に安い業者を探しているのであれば、一括見積もりのサイト外でグーグールやヤフーやBingといった検索エンジンを利用して、広告表示と自然表示で出る業者を全て比較することでより良い業者が見つけれます。

不用品の処分と買取

ご相談のご連絡お待ちしてます

Follow me!

粗大ごみ処理で困ったら不用品リサイクル業者

コーモド
不用品の処分を早く・安く・手軽に。
家財道具のリサイクル買取や運び出し引き取りまで、片付けにとっても便利。