粗大ゴミ の収集はめんどくさいと思うのはなぜか

粗大ごみ

一辺の長さが30センチを超えるものを「粗大ごみ」や「大型ごみ」と呼びます。だいたいどの行政でも同じようなルールで収集しており、申し込み制で手数料がかかる有料での収集となります。

スポンサーリンク

申し込み制

粗大ごみの収集は申し込み制です。その地域の「粗大ごみセンター」に電話もしくはインターネットで収集の依頼をします。申し込み時に手数料が分かるので、その時に「粗大ごみ処理券」というシールになったものを購入します。処理券はコンビニや郵便局でも購入することが出来ます。ただし金額を間違えてしまっても払い戻しが出来ないので注意が必要です。(有効期限は無いので次回に使うことは出来ます。)

行政の粗大ごみのメリット

行政の粗大ごみ収集の最大のメリットは手数料が安いということです。大型のソファーやタンスといったものでも1000円~2000円程度で収集をしてくれます。「それなら粗大ごみ収集が良いね」となるかも知れません。手軽に持ち運びできるものであればさほど苦労せず、しかも安価に済ませることが出来る収集です。処理券のシールさえ貼って出せば立ち合いは必要ありません。簡単で良いですね。

地域によっては持ち込み出来る場所がある

その地域の粗大ごみの処理場によっては持ち込みで対応してくれたりします。持ち込みすることによって減額される場合もありますし、稼働している日であれば自分の都合で持ち込み出来たりもします。(各処理場によってルールは異なりますので、事前確認をお勧めします)

ただし収集と同じように申し込み制であったりするので、直接持って行っては受付してくれません。そしてその地域に住んでる人でなければいけませんし、それを証明する身分証明書の提示を求められる場合もあるので用意しておきましょう。

東京都世田谷区の粗大ごみ持ち込みは可能で、その流れなど参照すると分かりやすいと思います。

世田谷区粗大ごみ:持ち込みについて

粗大ごみが面倒だと感じるデメリットとは

費用の面だけを見れは行政の粗大ごみ収集は非常に良いのですが、デメリットと思える面倒な点がいくつかあります。

運び出しは自分たちでしなければいけない

粗大ごみ収集をいらいして一番面倒だと感じるのは「運び出し」だと思います。小型の空気清浄機やヒーターみたいなものであれば自分でも持ち上げることが出来ます。しかし婚礼タンスや大型ソファーならどうでしょう?男性で、それも運びなれている人であれば大したことでは無いと思うのでしょうが、女性や高齢の方々にとってはすごく大変なことです。

お部屋の外へ出ても、例えばマンションであれば粗大ごみの集積所まで運ばなければいけません。タンスのような大型のものの運び出しは当然2名は必要になりますし、手で持ち上げてというのも大型のマンションになるほど距離がありますから簡単ではありません。台車でもあれば、それも平台車があれば楽ですが、数多く出すとなると結構な労力です。

まとまった量を処分する家財処分や引っ越し時だと何回もお部屋から集積所までを往復しなければいけません。これが一番手間に感じることだそうです。さらにお部屋から出ないような家具もあります。ネジで留まっているタイプのもので、これらは分解をしてからでないとお部屋からは出ません。食器棚なども上下に分割するタイプが主流。しかしそれぞれを分けても重量はありますし、持ち手があるわけではないので運びづらかったりもします。

マンションにエレベーターがあればまだ良いのですが、これが階段となると苦労は増します。ただでさえ持ち手が無いものを狭い階段で下ろすわけですから、これが結構辛いんですよ。「粗大ごみを運べない」というのが一番の苦労のようです。

分解が必要な家具

大きな家具がお部屋出せないことがあります。その理由としては組み立て家具であったり、窓から搬入したことだったりします。ほとんどのベッドフレームは解体をしなければ、そのままで出すことは出来ないでしょう。シンプルな形状なものならドライバーでいくつかの個所を外せば分解できます。しかし業者が設置したような「跳ね上げ式」のタイプだったりすると楽ではありません。いくつもパーツを分解しなければいけないからです。

食器棚やタンスなども、最近の3階建ての一戸建て場合は玄関から搬入が出来ないため窓からクレーンで入れることがあります。新築で引っ越ししてくるときは大体そういうパターンです。しかしいざ処分をしようと思っても同じように窓から出さなければ階段から下ろすことは不可能です。壁に当たって出ません。こういう場合どうするのか?これは解体するほかありません。もし30センチ以内に切り刻んで出すことが出来れば燃えるゴミとして処理できるかもしれませんが、現実的にはかなりハードル高い作業です。

このようにお住まいの形式やお使いの家具によっては搬出がかなり難しいものがあるんです。

川崎市で運べない粗大ごみはどう処分したら良いのか?

申し込み制で、日にち指定が出来ない

粗大ごみは地域によっては月に1回~2回程度の収集です。毎週は来てはくれません。そして申し込みをしてから収集日が決まります。出したい日にちに余裕があれば良いのですが、例えば引っ越しのように期日が決まっている場合にはその前に処理をしたいと思うはずです。しかし出せる数が10個までと決まっている地域もあったりするので、まとまった量の場合は受付してくれないことがあります。

そして希望の日にちがあったとしても収集日は決められていますから、自分の都合で出すことは出来ません。こういった融通が利かないあたりも面倒に感じるのかもしれませんね。

収集日の朝に出さなければいけない

いくら申し込みを済ませたといっても何日も前に出すことは出来ません。収集日の朝8時までに出すうのが基本的なルールなので、早起きして運びだしをしなければいけません。マンションのように集積場所があれば事前に置くことも可能でしょう。ただしそれぞれの管理者への確認をお忘れなく。ただし一戸建てのように路上に置く場合は交通の妨げになったりします

家電リサイクル品の引取りが無い

テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコン・衣類乾燥機・パソコンというのは「家電リサイクル品」「OAリサイクル品」という扱いで、行政での収集は行っていません。粗大ごみと一緒には出すことが出来ないということです。新しいのを購入した時であれば家電量販店が引き取りをしてくれますが、倉庫に眠っていたものを片付けする時には処理が少しめんどうになりますね。

行政が収集しないもの

家電リサイクル品以外にも行政が収集しないものはあります。例えばピアノやバイクや金庫といったもの。重量のあるものは粗大ごみ収集しません。消火器やボンベのような危険物も出せません。あとは長さが180センチを超えるようなものもです。例えばサーフボードやウッドカーペットがそうです。

行政が収集できないもの

古いピアノの処分無料引き取り

原付バイクの廃車無料引き取り

業者を利用するメリット

粗大ごみを自分で処理するのが面倒だなと思った時に便利なのが回収業者です。お部屋からの運び出しを含めて代行してくれるというのが大きなメリットになるでしょう。大量な家財処分の引取りも可能なので、引っ越しの時や遺品整理の時にも有効です。ごみ処理のようなイメージで思われてしまうことも多いようですが、実際はリサイクルを主体にしてるので、引き取りしたものは再利用できるものはリユースに回すことで価格も安めに引き取りすることが可能なわけです。ただし人件費など作業費として費用が発生します。

日にちを選ばず、自分の希望に合わせて回収に来てくれますし、行政では収集しない家電リサイクル品やバイクやピアノといったものも大丈夫です。つまり粗大ごみ収集でデメリットだと思えるものが回収業者だと全てカバーしてくれるというわけですね。

価格を選ぶか手間を楽にするか、その辺りが選択のポイントになるところでしょう。

不用品回収のお申込み

ご依頼及び費用のご質問などお気軽にお問い合わせください

片付け代行で暮らしのお手伝い