椅子を持つ男性

ゴミには区別があり、大型のものは粗大ごみという扱いとなります。藤沢市で粗大ごみを出すときの方法について分かりやすくご紹介していきます。

藤沢市で粗大ごみとなるもの

藤沢市では一辺の長さが50センチを超えるものが粗大ごみの扱いとなります。その他の市町村では30センチが一般的でルールが異なり、転居してきた時には注意が必要です。

ただし50センチ未満のものであっても粗大ごみの扱いとなるものがあります。

  • 電子レンジ
  • 食洗機
  • コンポ
  • ワープロ
  • スキャナー
  • ファックス
  • プリンター
  • カラオケ機械セット
  • ビデオ・DVDデッキ
  • デジタルチューナー
  • ストーブ
  • 掃除機(ハンディーカークリーナーは不燃ごみ)
  • ミシン

50センチを超えていても粗大ごみにならないもの

また長さが、50センチを超えていても粗大ゴミにはならず、「不燃ごみ」として出せるものもあります。

【長もの】

  • モップ
  • ほうき
  • カーテンレール
  • 空気入れ
  • スコップ
  • スキーのストック
  • 釣り竿
  • 野球のバット(木製金属製どちらも可)
  • ゴルフクラブ(ただし6本まで)
  • 竹刀
  • スコップ
  • ゲートボールスティック
  • 園芸用支柱

【繊維製品】

  • 座布団
  • まくら
  • ぬいぐるみ
  • マット(玄関、トイレ、バス、キッチン用)

【その他】

  • 一輪車(乗用玩具)
  • 三輪車
  • 幼児用歩行器
  • つっぱり棒
  • 風呂ふた
  • ラケット
  • すだれ、ござ(樹脂製で1畳以下のもの。自然素材で1畳以下は可燃ごみ)

https://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/kankyo-j/kurashi/gomi/wakekata/h30bunrui.html

何が粗大ごみになって、何が不燃ごみなのかを確認してから「申し込み手続き」へと進みます。

申し込みの手続き

粗大ごみを出す場合には、まず申し込みをしなければいけません。

電話0466-23-5301
電話受付時間:平日8時30分~12時・13時~17時

申し込みを済ませた後に「粗大ごみ処理券」を購入されることをおすすめします。

藤沢市では粗大ごみとして収集出来ないもの

粗大ごみとしても不燃ごみとしても藤沢市では収集や処理を行っていないものもあります。

  • 危険物・処理困難物
  • 家電リサイクル品
  • オートバイ(原付バイクなど)
  • 事業者から出るごみ

危険物・処理困難物というのは主に、バッテリー・塗料・廃油・ピアノ・ボンベ・コンクリート・金庫・医療系廃棄物・土砂・消火器といったものです。それぞれ引き取りが出来る専門業者に依頼をすることになります。

【関連記事】

ピアノ引き取り

消火器処理方法

家電リサイクル品とは、テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコン・衣類乾燥機のことです。それぞれ「リサイクル料金」がかかり、納付をして処理することが出来ます。

  • テレビ…2,916円~(15型以下は1,836円から)
  • エアコン…972円~
  • 冷蔵庫・冷凍庫…4,644円~(170リットル以下は3,672円から)
  • 洗濯機…2,484円~

メーカーによっても料金が異なる場合があります。

処理方法としては、家電量販店で新しいものを購入したときに収集依頼をする。もしくはリサイクルショップに引き取りの依頼をするといった方法があります。直接持ち込みということも出来て、その場合には「指定場所」と言われる場所へ持って行きます。直接持ち込みのメリットは運搬費用がかからず、リサイクル料金だけで済むということです。

【藤沢市から持ち込み出来る指定場所】

  • (株)サトウリサイクル部門
    所在地:茅ヶ崎市萩園1075(電話・FAX:0467-84-6785)
  • 西濃運輸(株)茅ヶ崎支店
    所在地:茅ヶ崎市萩園2730(電話:0467-87-1305・FAX:0467-85-6048)
  • 東亜物流(株)神奈川営業所:横浜市瀬谷区五貫目町21番5(電話:045-620-5618・FAX:045-620-5619)

オートバイ(原付バイク)などを廃車する場合は、バイク引き取りをしている2輪ショップなどがあります。そういったところへ引き取りの依頼をすることはできます。

会社から出るゴミは、粗大ごみであっても収集はしていません。事業系一般廃棄物の収集業者・または産業廃棄物処理業者へ依頼をすることが出来ます。

収集日

収集日というのは決まっておらず、申し込みをした時に日付を指定されます。その日の朝に決められた場所へ出しましょう。

収集

収集日の朝8時までに出しましょう。時間を過ぎると収集車が行ってしまう場合があります。

一戸建ての場合は道路際の敷地内に置きます。集合住宅の場合は専用の集積所に置きます。

※特に立ち合いは必要はありません。

粗大ごみ処理券

粗大ごみ処理券は郵便局・コンビニで購入することが出来ます。申し込みを済ませて、手数料を確認をしてから購入しましょう。処理券の払い戻しは出来ません。使用の有効期限はありませんから、次回利用は出来ます。

手数料

粗大ごみ処理の手数料は一個(一組)につき「500円」です。ただし16品目の物は手数料が異なり1000円となります。

  • たんす
  • ベッド及び電動ベッド
  • ソファー
  • 食器棚
  • 物置
  • 流し台
  • サイドボード
  • 門柱(門扉を含む)
  • 浴槽
  • オルガン及び電子オルガン等の鍵盤楽器類(ピアノ線等の弦を使用していないもの)
  • スプリング入りマットレス
  • 書棚
  • 温水器(家庭用で1辺の長さが2メートル未満のもの)
  • マッサージチェア(100キロ未満のもの)

粗大ごみを持ち込み出来る場所

藤沢市で粗大ごみを持ち込みが出来る場所は2か所あります。

    • リサイクルプラザ藤沢:藤沢市桐原町23-1

    • 石名坂環境事業所:藤沢市本藤沢2-1-1

リサイクルプラザ藤沢は「不燃系」の粗大ごみを取り扱いしています(ただし布団・絨毯は可能)。可燃系の家具などは石名坂環境事業所への持ち込みとなります。

持ち込みされる前にどちらの施設が適しているかを確認するようにしましょう。

問い合わせ先:

リサイクルプラザ藤沢0466-45-4090

石名坂環境事業所(TEL 0466-81-6211)

大量に粗大ごみがある場合の処理方法

引っ越しや家財処分といった時には大量の粗大ごみが発生します。大量の場合は収集は難しくなりますが、環境事業所にご相談ください。(リサイクルプラザ藤沢・石名坂環境事業所)

もしくはリサイクル可能なものの場合は「リサイクルショップ」に依頼をすることで、処理するものを少しでも少なくすることも可能です。

粗大ごみを売ることはできるのか?

まだ使えそうにも関わらず、粗大ごみとして処分するのはもったいないものも中にはあるかもしれません。そういったものをリユースとして使うことは出来ないのか?について少しご紹介していきます。

売却を目的とするなら、しっかりとした価値のあるものであれば売ることはできます。例えばソファやテーブルでは、どこのブランドなのかによって評価が大きく異なります。カリモクやコルビジェやカッシーナのようなブランドであれば評価が高くなります。使用年数が経過していても状態が悪くなければリユースの可能性はあります。

しかしイケアやニトリのような「組み立て家具」の場合は、作り手によっても出来上がりのクオリティが異なったり、元々の価格が安価なため中古で購入するには魅力が薄いということが挙げられます。ですので、リサイクルショップでは取り扱わないところが大半なのが実情です。

粗大ごみで処分するかは、中古としてのニーズがしっかりあるかないかを判断してからといったところでしょう。

粗大ごみ処理で困ったら不用品リサイクル業者

不用品の処分を早く・安く・手軽に。
家財道具のリサイクル買取や運び出し引き取りまで、片付けにとっても便利。