港区の粗大ごみガイド

港区では粗大ごみとは、一辺の長さがおおむね30cmを超える家具、寝具、家電品などの大型ごみをいいます。ただしガスコンロやストーブなどといった収集に差障りのあるものは30センチ未満であっても粗大ゴミの扱いとなります。

椅子を持った男

粗大ゴミは申し込み制となり運び出しも各自で行うことになります。

港区の粗大ゴミ収集申し込み

粗大ごみの収集には電話からの申し込みができます。
電話申し込み先:粗大ごみ受付センター
電話番号:03-5296-7000
受付 月曜~土曜 8:00~19:00 ※祝祭日も受付ています。(年末年始は除く。)
※ 月曜や休み明けは電話が混み合います。
3月・4月・5月や休み明けは申し込みが混み合います。

港区ではインターネットからも申し込みが出来ます。

港区粗大ゴミインターネット申し込み

インターネットでの申し込みの流れ

(1)「粗大ごみ受付センターホームページ(外部サイトへリンク)」上で「仮申し込み」をします。(24時間受け付け)

(2)受付センターから確認メールが送信されます。

(3)メールの内容を確認して、メール本文中にあるURLから「本申し込み」の処理をしてください。

※24時間以内に本申し込みがされない場合は、キャンセルとなりますので、ご注意ください。

※申し込み状況によってはご希望の日時にお申込みできない可能性がございます。時間に余裕を持った予約をお願いいたします。

予約の取り消し

粗大ごみ受付センター へ直接お申し込みください。

なお、収集日の変更や、品目の追加などは、予定件数が一杯になってしまうと希望に添えない場合がありますので、 お早めにご連絡ください。

申し込み手続きの前の確認

1.粗大ごみの大きさや数量をメモをとっておくようにしてください。
2.マンションやアパートなど集合住宅の場合は粗大ごみ置き場の確認をしてください。
3.捨てたいものが粗大ごみであるのか確認してください。
4.一度に出せる個数は10個までです。引越し時の時などはご注意ください。
それ以上出したい時は粗大ごみ受付センターに連絡してください。

港区では粗大ゴミとして収集しないもの

テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコン・パソコン(→家電リサイクル品とは?)といったものは家電リサイクル品という扱いで現在行政では引き取りしません。オートバイもリサイクルが始まり行政の回収がなくなりました。自動車(バッテリー、マフラー等の部品も含む)、自動車タイヤ、ピアノ、耐火用金庫、消火器、コンクリートブロック、ガスボンベ類金庫や仏壇などは処理困難として引き取りしません。

畳や風呂釜など用途が特殊なものも粗大ゴミとして引取りいたしません。長さが180センチを超えるもの、ウッドカーペットやサーフボードや物干し竿などは処理困難物扱いとなります。事業所から出る大型ごみは粗大ごみの扱いではありませんので港区では収集いたしません。まとまった片付けがある場合には、粗大ゴミだけでなく普通ゴミでも捨てられないものもあるので、チェックしておく必要があります。

行政では収集しないもの

事業を伴って出たごみのお問い合わせ

東京都環境衛生事業協同組合港支部 0120-310-953

こちらへお問い合わせください

収集日

  • 収集可能な日から希望のお日にちを選択していただきます。そのお日にちに収集に伺います。
  • 朝八時から三時までの間に順次収集していきます。
    お時間指定はできません。収集の時間が知りたい場合には前日の三時頃にみなと清掃事務所へお問い合わせください。03-3251-0566

収集

  • 粗大ごみは収集日当日の朝八時までに所定の場所にシールを貼って出します。
    立会いの必要はありませんが、シールの貼っていないものは収集できません。
    ※港区以外のシールが貼ってあるものも収集できません
  • オートロックの建物などは作業員が収集できるところに出してください。
  • 高齢者(65歳以上)や障害のある方のみの世帯で、玄関先までの持ち出しができない。誰にも頼むことができない方の場合は、清掃事務所にご相談ください。

注意事項

月曜や休み明けは電話が混み合います。
3月・4月・5月や休み明けは申し込みが混み合います。
お引越しなど、退去日が決まっているときなどは余裕をもって申し込みしてください。
ご希望のお日にちに収集できない場合があります。

手数料

粗大ごみ手数料は400円~2800円で、品物によって異なります。申し込み時に手数料を教えてもらえますから、申し込みを済ました後に”粗大ごみ処理券”を購入してください。

https://sodai.tokyokankyo.or.jp/Sodai/V2ItemList/13103/0/

粗大ゴミ処理券

■「有料粗大ごみ処理券」は、港区内の「ごみ処理券取扱所」の標識を掲示しているお店、スーパーマーケットやコンビニ・郵便局で購入してください。
■券種
○有料粗大ごみ処理券A 1枚200円
○有料粗大ごみ処理券B 1枚300円
処理券に氏名・受付番号・収集日を記載して収集の職員に見えるところに貼ってだしてください。
●収集日に自宅前、もしくは指定の置き場に出してください。
●処理券の貼り忘れてるものは引き取りしません。

収集地域一覧

赤坂・麻布十番・麻布台・麻布永坂町・麻布狸穴町・愛宕・海岸・北青山・港南・芝・芝浦・芝公園・芝大門・白金・白銀台・新橋・台場・高輪・虎ノ門・西麻布・西新橋・浜松町・東麻布・東新橋・南青山・三田・南青山・南麻布・元赤坂・元麻布・六本木


粗大ごみ収集をその他の地域から選ぶ

東京都

足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区江東区渋谷区品川区新宿区杉並区墨田区世田谷区台東区中央区千代田区豊島区中野区練馬区文京区目黒区港区

狛江市多摩市調布市三鷹市

神奈川県

横浜市川崎市

回収業者への依頼

ガッツポーズ男性

港区の粗大ゴミ収集と回収業者の違いとは「運び出し」「引き取りするもの」といったサービスの違いです。

大型の家具や家電などは「運べない」や「マンションの下へおろせない」といったことで困ることが多いですが、回収業者の場合はお部屋の中からの運び出しをしています。

そして次に引き取りするものですが、家電リサイクル品や(2mを超えるような)長い物や重量物・処理困難物(金庫・バイク・ピアノなど)の引取りも出来る点にも違いがあります。

それ以外に、まとまった量の場合は数に制限がありませんから大量の処分でも大丈夫です。

港区の粗大ごみ収集と不用品回収を上手く使い分け

粗大ごみの良いところはズバリ手数料の安さです。
しかし日にち指定が出来なかったり、重たい物も自分で搬出しなければいけません。それに収集をしない家電品もあるのがデメリットになります。
引っ越し時や遺品整理などの、大掛かりな家財処分の時には都合の悪いことも出てきます。
そこで不用品回収と併せて処分依頼をすればスムースに片付きます。

わかりやすい明確な料金システム

「処分費」と「引き取り費用」のすべてがコミになった定額プラン。量に応じてプランを選ぶことが出来ます。

不用品トラック積み放題プラン

選べる5種類の定額プラン

お見積もり|回収相談

メールからお気軽にご相談ください

タップしてコール

ご相談のご連絡お待ちしてます