食器棚の引き取り

大きくて重たい食器棚。不要となった時でも簡単には運び出しが出来ません。どうやって楽に簡単に処分したら良いのかについてご紹介していきます。

食器棚

食器棚の処分方法

食器棚を処分する場合に方法として、大きく挙げて4つあります。

  1. 粗大ごみとして処分をする
  2. 譲渡による引渡し
  3. リサイクルショップに買い取りをしてもらう
  4. 不用品回収業者に引き取りしてもらう

粗大ごみ処分

食器棚は行政による粗大ごみとして処分するとが出来ます。大きな物ではありますが1000円~の収集手数料なので破格ともいえます。費用が安いのがメリットなのですが、しかし運び出しは各自で行わなければいけません。これがデメリットということですね。購入したときは業者による設置だったりしますから、「どのくらいの重さなの?」と不安にもなります。

しかし食器棚の場合は上下で分離するタイプのものが多く、ネジでとまっていたりするだけですから、それを外せば簡単に持ち上がります。とはいえ一般の人なら男性2名は必要です。棚板や引き出しを外せば軽くなるので、慣れている人であれば一人でも持ち上がります。さらに毛布などを使って、毛布の上に食器棚を置き、そして毛布を引いて運び出していけば床も傷つかずに楽に運び出しも出来ます。

玄関の外に出たら、マンションの場合は「平台車」があると簡単に粗大ごみ置き場まで移動が出来ます。

全ての食器棚を粗大ごみに出す必要はありません。状態・ブランドなどによっては再利用(リユース)も可能ですから、リサイクルショップに相談することも良いでしょう。

「ジモティー」などの掲示板による個人引渡し

ジモティ

無料掲示板というのがあり、その代表的なものが「ジモティー」だったりします。無料で譲りたいものを掲示して、引き取り手が見つかれば受け渡しをするといった仕組みです。以前は無料で譲渡がメインでしたが、最近では価格をつけているケースもあります。

リサイクルショップでは買い取りしてくれないレベルのものでも、個人レベルであれば欲しいというもらい手が見つかるかも知れないというのがメリットです。

しいかし運び出しなどすべて両者で行わなければいけないのがデメリットといったところでしょう。

リサイクルショップによる買い取り

不要になった食器棚がもしまだ新しいものであったり、綺麗なものであればリサイクルショップに依頼をするのも方法の一つです。それではどんな食器棚を買い取りしてもらえるのでしょうか?

ブランド家具の食器棚

食器棚というのはリサイクルショップとしても売れ筋の商品なので、出来れば集めたいところでもあるのですが、しかしどんなものでも良いというわけでもありません。きちんと売れる商品をショップは欲しがっているわけです。ではどのようなものが売れる中古の食器棚なのか?ということですが、「カリモク」や「マルニ」などのブランドの食器棚は評価が高いです。その反対に評価の低いものは何か?といいますと、組み立て家具系のものになります。「IKEA」や「ニトリ」などがそうです。

なぜ組み立て家具が評価が低いのか?といいますと、組み立てる人によって棚の品質が異なってしまうからです。そして組み立て家具は性質上どうしても強度が弱いんです。あとは価格の面でもブランド家具に比べると新品の価格は安価です。もともとの上代が安いので、中古として売り出してもお得感が少ない。それに対してブランド家具の新品は非常に高価です。中古品で少々高くても新品に比べれば安く手に入った満足感がユーザーにはあります。

こういった理由でリサイクルショップではきちんとした値段をつけてくれるのは「ブランド家具」系だということを覚えておいてください。

ノーブランドの食器棚

(IKEAやニトリを含む)ノーブランドの食器棚の場合ですが、買い取りの価格にはあまり期待しないほうが良いです。「お金取られないだけ良い」くらいの感覚でしょうか。

ショップの中にはIKEAやニトリでも買い取りしてくれるところもありますが、大半のショップは敬遠します。買ってくれるところを見つけるのも結構難しいと思います。

出張での買い取り

リサイクルショップに「食器棚だけ買い取り」と依頼をしても断られることがかなり多いと思います。大きなものですから、人員2名を出張させて買い取りというのではコストが合わなくなるのが理由です。階段下ろしで手間のかかる作業もしないのが一般的です。

食器棚一つだけではなくて、それ以外のものも一緒にまとめて売ってもらえるのであれば状況は変わります。いっぱい売ってもらい商売として成立するのであれば出張でも来てもらえるので、出張買い取りを希望されるのであれば売りたいものを多く集めるべきです。

不用品回収業者による引き取り

荷物を持つ男性

不用品回収業者の場合は運び出し引き取りの専門です。食器棚の状態だとかは関係ないので、古くて傷んでいても構いません。運び出しが難しいところではとても有効です。

養生が必要な場合

養生パッド

運び出しの経路が狭い場合や階段での下ろしの場合には「養生」をして運び出さないと壁に傷が付いたりもします。壁に養生をする、もしくは食器棚にパッドを掛けて運び出しをする。いずれかの方法をとれば傷は付きません。こうした引越し業者がするような作業に似たことができるのも不用品回業者の特徴ともいえます。

特殊な作業

お家に食器棚を入れたときに、お部屋の中で組み立てたものや、吊り上げて入れたものであれば、その逆をして搬出しなければいけません。

解体をして搬出、吊り下ろしで搬出ということです。こういった作業はリサイクルショップではほぼやりません。これも不用品回収業者ならではです。

片付け時に役に立つ

不用品か回収業者に依頼をする場合、特に「片付け時」が一番有効かと思います。売れるものよりも片付ける処分になりそうなものが多い場合、リサイクルショップで断られた場合などにも有効でしょう。

まとめ

食器棚を処分する場合、まずは再利用できるものか処分すべきものかの見極めが大切です。そして売りたいというのであれば、買い手の業者が売って欲しいと思えるように食器棚以外のものなども合わせて依頼をするというのも重要です。買ってもらえなければただのゴミとなってしまうからです。

譲渡という形で個人間で引渡しが成立するのであればそれも良いでしょう。しかし運び出しなどはお互いに協力をしなければいけませんし、それを積み込み出来る車両も必要になります。

運び出しが困難な場合のロケーションでは「不用品回収業者」への依頼がお勧めです。またリサイクルショップに断られた場合も同じくです。

解体をしてでも吊り下ろしてでも運び出しはやってもらえます。大量な片付け時でも手軽に済ませることが出来ることが一番のメリットです。

売りたいのか?処分がしたいのか?まずはこのどちらかを決めることが大切です。

わかりやすい明確な料金システム

フリーコール